国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)とは?|日本語教師の基礎知識

日本語教師が知っておくべき基礎知識 特定技能1号にも使える 国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic) について徹底解説!

おすすめの日本語教師養成講座ランキング >>>

この記事では、国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)について解説します。

国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)は、就労を目的として来日する外国人が生活に必要な日本語能力を測る試験です。

2019年からはじまった新たな在留資格「特定技能」における、日本語能力の証明としても活用されています。

この記事では、国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)について、日本語教師として知っておくべき基本的な知識を解説します。

ぜひ最後までお読みください。

この記事でわかること
  • 国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)とは
  • 国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)の試験内容・問題
  • 国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)のレベル
  • 国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)と特定技能制度

なお、日本語教師になるための資格試験については、以下の関連記事をお読みください。

 日本語教師をめざすなら 
KEC日本語学院

KEC日本語学院
文化庁届出受理講座
教育訓練給付金 / リスキリング補助金制度対象

少人数制・1人50回超の実践即戦力
振替可・復習動画視聴サポート安心!
国内外就職率90%以上の就職フォロー!

< 校 舎 >
梅田本校・なんば校・枚方本校
京都校・神戸校・新宿校

口コミ評価 (4.3)

【転職希望者必見】リスキリング支援事業(期間限定)でKEC日本語学院の費用が最大70%OFF

いつでも気軽に相談可能、オンライン相談も可

管理人

無料合同説明会は各回最大5名まで。
じっくり話ができて、すぐに疑問が解決する無料個別受講相談がおすすめです。

関東・関西エリア以外にお住まいの方

\ 業界最大手の信頼と実績 
ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーHP
文化庁届出受理講座・教育訓練給付金対象

全国26校舎業界最大手の安心感!
eラーニングだから自分のペースで学習!
実習・サポートも充実! 就職率96.3%

<全国主要都市で開講>
札幌・仙台・さいたま・千葉・柏・東京23区・町田・府中・横浜・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・高松・福岡・熊本・鹿児島・那覇

口コミ評価 (4.5)

デジタルパンフレットを見てみる

公式サイトからカンタン予約

目次

国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)とは

国際交流基金日本語基礎テストは、日本で働くために必要な日本語能力を測定するために設計されたテストです。

このテストは、特に日本での就労を目指す外国人が、生活や職場で必要とされる基礎的なコミュニケーション能力を有しているかを評価することを目的としています。

そのため、特定技能ビザ取得を目指す人々にとっては、その第一歩とも言える重要な資格です。

このテストが重要である理由は、単に言語能力を測るだけでなく、実際の生活場面や職場で遭遇する可能性のある具体的な状況を想定した問題が出題される点にあります。

このため、テストは言語知識だけでなく、コミュニケーションスキルの実践的な応用能力をも測定することができます。

日本語教師にとっては、このテストの内容を理解し、教育カリキュラムに組み込むことで、学習者が実生活で直面するであろう課題に対処できるような指導が可能になります。

また、国際交流基金が実施するこのテストは、日本国内外の多くの機関や企業からの信頼が厚く、テストの結果は就職やキャリアアップにおいても有利に働くことが期待されます。

このように、国際交流基金日本語基礎テストは、日本語教育の現場において、教師と学習者双方にとって欠かせない存在となっています。

試験名国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)
Japan Foundation Test for Basic Japanese
実施機関独立行政法人国際交流基金
実施回数年6回
受験地国内外テストセンター
試験形式CBT方式
受験料7,000円 ※国内受験の場合
受験対象主に日本への就労を目的とする外国人
公式HPhttps://www.jpf.go.jp/jft-basic/

国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)の試験内容・問題

国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)は、具体的な生活や職場でのコミュニケーション能力を測定するために、様々な形式の問題が組み込まれています。

試験内容は「文字と語彙」「会話と表現」「聴解」「読解」の4つのセクションに分かれており、日本での実際の生活場面を想定した問題が出題されます。

国内外にあるテストセンターで、CBT方式で受験します。

解答形式は四肢択一式。

問題は全部で約48問。

解答に要する時間は約60分です。

それぞれのセクションについて内容を解説します。

文字と語彙

ひらがな、カタカナ、そして基本的な漢字の識別と使用が試されます。

また、日常生活や職場で頻繁に使用される基本的な語彙に関する知識も問われます。

このセクションの目的は、学習者が日本語でのコミュニケーションを行うための基本的な表現を理解し、使用できるかを測ることです。

具体的には、日本語の基礎的な文字体系を正しく理解し読み書きできる能力。

そして、日常生活や職場などで状況に適した語彙を選択し、使用できる能力が求められます。

聴読解

実際の日常会話や職場でのやり取りにおいて、効果的なコミュニケーションをとるための言語表現能力が問われます。

学習者は、さまざまな状況に応じて、適切な挨拶、お礼、謝罪、要求などの表現を使い分ける能力を身につける必要があります。

このセクションでは、単に言葉を覚えるだけではなく、その言葉をいつ、どのように使うかというコミュニケーションの文脈を理解することが重要です。

例えば、相手の地位や関係性に応じた敬語の使用、状況に応じた適切な表現の選択などが評価の対象となります。

聴解

日常生活や職場でよく耳にする会話、アナウンス、指示などの音声を聞き、内容を正確に理解し、適切に反応する能力が評価されます。

学習者は、さまざまな話者の速度やアクセント、表現を聞き分けることが求められます。

実際の日本語使用環境に近い状況での聞き取り能力も重要です。

日常的な会話の理解はもちろん、緊急時の指示や重要な情報の伝達を聞き取る能力にも直結します。

学習者は単語やフレーズの意味を理解するだけでなく、話の流れや文脈から意味を推測するスキルも必要とされます。

読解

日常生活や職場で遭遇する可能性のある様々な種類の資料を読み、内容を正確に理解することが求められます。

例えば、ビジネス文書、メニュー、スケジュール、公式の通知、短い記事やEメールなどです。

このセクションの目的は、学習者が提示された文書から必要な情報を効率的に抽出し、その情報を適切に活用できる能力を測ることにあります。

文書を読む過程では、文字だけでなく、レイアウトや図表などの視覚的要素からも情報を得ることが重要です。

このため、学習者は、文脈を理解し、推論する力も身につける必要があります。

また、多様な文体や表現に触れることで、より広範な読解スキルを養うことができます。

国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)のレベル

国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)の点数は、素点ではなく、得点等化方式によって統計処理された尺度点で算出されます。

このテストは、ヨーロッパで広く用いられている言語教育に関する共通の枠組み「ヨーロッパ共言語通参照枠(CEFR)」をもとに、国際交流基金が独自に開発した日本語教育の枠組み「JFスタンダード」に基づいて、「日本語で何ができるか」を測るものです。

レベルはCEFRのA1からA2に相当し、就労のために必要な、「ある程度日常会話ができ、生活に支障がない程度の能力」が目安。

点数は10~250点の範囲で算出され、200点以上の点数をもって、目安に達していると判定されます。

国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)と特定技能制度

特定技能制度とは、日本政府が定めた特定の産業分野で働くために必要な特定の技能や知識を持つ外国人に新たな在留資格「特定技能」を与える制度です。

2019年4月に施行され、日本の労働力不足を補う目的で設けられました。

特定技能外国人は、介護、建設、農業、飲食業、宿泊業など、政府が指定した12の産業分野で働くことができます。

「特定技能」の在留許可申請には、日本語能力の証明が必須で、JLPTのN4と並んで国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)が認められています。

まとめ

以上、国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)について、解説してきました。

近年、日本語教育は多様化の一途をたどっています。

今後、日本語教師は学習者からの多様なニーズに応えていかなければなりません。

日本語試験は学習者にとって1つの目標であり、それをサポートする役割を日本語教師が担っています。

学習者の夢・希望を叶えるため、日本語教師は日本語試験に関する正しい知識を身につけなければならないのです。

 日本語教師をめざすなら 
KEC日本語学院

KEC日本語学院
文化庁届出受理講座
教育訓練給付金 / リスキリング補助金制度対象

少人数制・1人50回超の実践即戦力
振替可・復習動画視聴サポート安心!
国内外就職率90%以上の就職フォロー!

< 校 舎 >
梅田本校・なんば校・枚方本校
京都校・神戸校・新宿校

口コミ評価 (4.3)

【転職希望者必見】リスキリング支援事業(期間限定)でKEC日本語学院の費用が最大70%OFF

いつでも気軽に相談可能、オンライン相談も可

管理人

無料合同説明会は各回最大5名まで。
じっくり話ができて、すぐに疑問が解決する無料個別受講相談がおすすめです。

関東・関西エリア以外にお住まいの方

\ 業界最大手の信頼と実績 
ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーHP
文化庁届出受理講座・教育訓練給付金対象

全国26校舎業界最大手の安心感!
eラーニングだから自分のペースで学習!
実習・サポートも充実! 就職率96.3%

<全国主要都市で開講>
札幌・仙台・さいたま・千葉・柏・東京23区・町田・府中・横浜・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・高松・福岡・熊本・鹿児島・那覇

口コミ評価 (4.5)

デジタルパンフレットを見てみる

公式サイトからカンタン予約

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次